'독서'에 해당되는 글 3건

  1. 2009.10.26 東京湾景ー동경만경
  2. 2009.10.16 あなたと、どこかへ。
  3. 2009.10.15 時空を超えて

東京湾景ー동경만경

2009.10.26 00:26 from R-DAiSY



題目:東京湾景
제목 : 동경만경

作家:吉田修一
작가 : 요시다슈이치

出版:新潮文庫
출판 : 신조문고

5年前か、韓国語で翻訳された同じ本を読んだ以来、
5년전인가 한국어로 번역본을 읽은후

なぜか原作を読もうとはしたものの、なかなか読むことは出来なかった。
왠지 원작을 읽어보려고는 했으나 왜그런지 원작을 읽어보지는 않았었다.

当時、翻訳本から受けた感じを原作を読むことによって失ってしまいそうな気がして、
당시 번역본을 읽고 느꼈던 감정을 원작을 읽음으로서 잃어버리지는 않을까 라는 생가때문에

読むのを怖がってたのである。
읽는것을 무섭게 생각했었기 때문이다.

当時、日本に来たこともなく、だけどきてたように勘違いしてしまいそうな、文の流れ、
당시 일본에 와본적도 없었지만 일본에 와 있는듯탄 착각을 하게 만드는 문장의 흐름

そして、陳腐な話であるのにも関わらずまったく陳腐には思えない書き方が
그리고 진부한 이야기임에 틀림없지만 전혀 진부하게 생각되지 않는 글들을

私は好きだった。
나는 좋아했었다.

だから、原作を読むのが恐ろしかったのだと思う。
그래서 원작을 읽는것을 두려워했는지 모르겠다.

多分、これからも読むことはないと思ったが、何かがきっかけで読む気になった。
아마도 앞으로도 읽을일이 없을거라고 여겼지만 어떤일을 계기로 읽게 됬다.

結果的には、今までずっと抱えていたその恐れは無駄だったけど、
결과적으로 지금까지 가슴속에 있었던 그 두려움이 쓸모가 없었지만

なぜか、後味が悪いというか、すっきりしてないところもあれば、
왠지 뒷맛이 않좋다고 해야하나 시원한 부분이 있는 반면

なるほどねと納得してしまうところもある。
아, 역시 라고 납득가는 부분도 있다.

そして、やっとこの本の心で理解したのかとも思える。
그리고 드디어 이 책에 대해서 가슴으로 이해하게 됬다라는 생각도 든다.

というか、今の私の心境と似ている気がして仕方ない。
아마도 지금의 내 심경과 비슷하지 않나라는 생각이 든다.

隠せ切れないのだ。



「・・・・・・あんなに愛してたのに、それでも終わったんだよ。
 人って何にでも飽きるんだよ。自分じゃどうしようもないんだよ。
 好きでいたいって思ってるのに、心が勝手に、もう飽きたっていうんだよ。」
                      ー 吉田修一、東京湾景302ページ9行目 ー




09.09.06 ~ 09.10.26 ----- Written by DAISY(IN JAPAN),Photo by DAISY(RICOH GX100)

'R-DAiSY' 카테고리의 다른 글

よそ者ー타관사람  (0) 2009.11.08
人生は、ー인생이란,  (0) 2009.11.08
東京湾景ー동경만경  (0) 2009.10.26
似てる  (0) 2009.10.22
あなたと、どこかへ。  (0) 2009.10.16
時空を超えて  (0) 2009.10.15
TAG 독서
Posted by DAiSY`S 트랙백 0 : 댓글 0

あなたと、どこかへ。

2009.10.16 00:58 from R-DAiSY


題目:あなたと、どこかへ。
제목 : 그대와(당신과),어딘가로(에)

著者:吉田修一外7人
저자 : 요시다 슈이치 외 7인

出版:文春文庫
출판 : 분춘문고

가슴 어딘가 따뜻함을 느낄수 있었던 책

実は、この本は騙されたものである。
ネットで色々と頼む時、「あなたと、どこかへ」という題目に引かれ、
そして、吉田修一という作家のものだと思い、購入したのである。

しかし、8人の作家が短く書いたものであることに気付き、少しがっかりしたのである。

だが、ガッカリしたのかげか、読めばよむほど、心が暖かくなる内容であり、僕があまり知らない作家たちを分かってもらった良い本であった。結果的には。

最初は、なんとなく恋愛話であろうと思ったが、「あなた」が指しているのは、女性でもあり、男性でもあり、本であり、母であり、弟である。
要するに、異性の相手ではなく、今の自分と一緒にしている人物や物であるのだ。

初恋に対する懐かしさや切なさ、家族の大事さなどを感じられる本である。




090903~09095 ----- Written by DAISY(IN JAPAN),Photo by DAISY(RICOH GX100)

'R-DAiSY' 카테고리의 다른 글

東京湾景ー동경만경  (0) 2009.10.26
似てる  (0) 2009.10.22
あなたと、どこかへ。  (0) 2009.10.16
時空を超えて  (0) 2009.10.15
구해줘  (0) 2009.09.29
사랑하기 때문에  (0) 2009.09.24
TAG 독서
Posted by DAiSY`S 트랙백 0 : 댓글 0

時空を超えて

2009.10.15 01:19 from R-DAiSY


題名:時空を超えて
著者:ギヨームミュッソ
翻訳:吉田恒雄
出版:小学館文庫

誰かを一目惚れし、その人のために自分を投げ出し、その人のために全てを没頭することが出来るのだろうか

今の僕に、

二度と、いや、一度もそうなる人が僕の前にも現れるのだろうか

そして、純粋でそのひとのことをありのまま愛することはできるのか



結局のところ、人生を耐え抜く方法として、人間はまだ愛と友情しか見つけていないけれど、
自分で解決するしかない問題もあるに違いない。
                              ー本文110ページ枠抜きー

生きる、苦しむ、まちがう、危険を冒す、与え、また失うことで、私はしを遠ざける。
                                 ーアナイス・ナンー

あなたは何をしてもいい、考えることも、信じることも、全ての知識を持つことだって。
しかし愛さないのなら、あなたは何にも値しない。
                              ーマルセル・ソヴァジョー 

来るものはくる、いかにあなたがそれを避けようとしても。
来ないものは来ない、いかにあなたがそれをまち望んでも
                                ーラマナ・マハルシー

気がついたことなのだが、すべては予め運命づけられており、だれもそれをかえられない、と
主張する人たちが道路を横切るまえに左右を見る。
                             ースティブン・ホーキングー


本をよむだけでは何も学べない。
打撃を受けることでしか学べない。
                            ースワミ・プラジュナパッドー

あなた自身があなたの救いである
他にはない
他人を救うことはできない
自分しか救えない
                             ーゴータマ・シッタールター
私たちに与えられた時間が少ないのではない。
何よりも、私たちはそれを浪費する。
                                     ーセネカー


09.09.29~09.10.14 ----- Written by DAISY(IN JAPAN),Photo by DAISY(RICOH GX100)
                                          

'R-DAiSY' 카테고리의 다른 글

似てる  (0) 2009.10.22
あなたと、どこかへ。  (0) 2009.10.16
時空を超えて  (0) 2009.10.15
구해줘  (0) 2009.09.29
사랑하기 때문에  (0) 2009.09.24
나쁜 사마리아인들  (0) 2009.09.23
TAG 독서
Posted by DAiSY`S 트랙백 0 : 댓글 0